· 

トキシックショック症候群発症

生理用品の「タンポン」が原因で黄色ブドウ球菌に感染したモデルがいます。
カリフォルニアに住むローレンさん。
モデルデビューは2歳。母親、父親ともにモデルで、容姿端麗、健康な身体で、大人になってからもモデルとしてのキャリアを積んできました。

2012年、24歳のときローレンさんの人生は一転します。

その日、使用していた”タンポン”が一因で、細菌性疾患のトキシックショック症候群(TSS)を発症してしまったのです。
搬送時、命に危険が及び、右足を失ってしまいます。

トキシック・ショック症候群とは「黄色ブドウ球菌の産生する毒素が原因で起こる急性疾患のこと。」(ユニ・チャーム 公式サイトより)初期症状として、突然の高熱を伴って発疹・発赤、倦怠感、嘔吐、下痢、粘膜充血などの症状が起きます。
発症時、ローレンさんはタンポンを使用しており、これが原因で発症したとされています。

ローレンさんは、一命はとりとめますが、治療のため人工的昏睡状態となり、その後数日で感染は壊疽へと進行。右脚は膝下で切断され、彼女が左脚を守ろうと闘うも、左足の足指も失ってしまい、かかとにも重度の損傷が残っているといいます。

「トキシックショック症候群発症」
始めて聞いた方も多いと思います。

タンポンに使われる綿花は石油由来のものも多く、雑菌が湧きやすいのです。

膣は粘膜の為、よくも悪くも吸収が良い為に特に身体によいものを付ける必要があります。

タンポンの綿花が膣内部に張り付いて排出できないままになってしまい、子宮環境にも影響を及ぼすこともあります。

経血の量が多い方はタンポンを使用されることもあるかと思いますが、よもぎ蒸しを続けていくと、この経血の量も安定してきます。

子宮の状態を整え、生理周期や生理の状態も安定してくるのがよもぎ蒸しです。

お気軽にお問い合わせください
06-6586-6819
受付時間 / 11:00~19:00  定休日 / 日曜日

サイトメニュー

ホーム

 > 会社概要 

 ・お問い合わせ

黄土よもぎ蒸し専門オータムヒルズ

〒556-0006

大阪市浪速区日本橋東3-14-10

TEL:06‐6586‐6819

FAX :06‐6586‐6876